SSブログ

Sweet Memories. [昔話]

開店から半年が過ぎた頃になると、固定客も次第に増え、
コーヒーで80杯前後 ランチが20食ほどは出るようになり、
ようやく店の経営も軌道に乗り始めた。

とは言っても、水商売なんだから蓄えが無いことには、いつ潰れてもおかしくないんで、
銭湯代程度の現金以外は、全て貯蓄に回した。


オフィス街が近いこともあり、定休日は日曜日に設定した。

人並みに休日ができたのは嬉しかったが、使える現金がないことには、遊びに行くどころか食事すらできない。
仕事中なら食パンの耳をかじったり、賄いで腹は満たされるけど、休みだとそうはいかない。
日曜日だというのに、部屋で過ごすしかなかった。



折しも季節は冬。
陽が当たらない部屋は薄暗く寒く・・

暖房器具すら買えないので、寒さをしのごうとオーブントースターの扉を開け、
つまみを右いっぱいまで回し、手をかざして暖をとる。


「暖か〜い( ´∀`)」



「チン!」


15分のタイマーなんてあっという間。
すぐにまたツマミを回す。


「暖け〜♪( ´∀`)」



「チン!」



寒さと侘びしさが15分間隔で訪れる・・





そんな生活をしてた ある月曜日午後の営業中。
そこそこの客数で賑わう店内。


フラスコにお湯を入れ、フイルターと人数分の豆を入れたロートをセット。
深煎りの豆に合わせて弱めの火力で上げながら、マドラーでかき回す準備をしつつ、時計の秒針をチェック。

かき混ぜるタイミングや速さ、回数、抽出時間。
少しでも違うと味に差がでるので、細心の注意が必要な作業だ。

サイフォンが3つ並んでるので、3つとも回してると他の仕事は出来ないほど。


そんな最中にカウンターからココナッツオーレのオーダーが入る。


クソッ!この手が離せないときに滅多に出ないココナッツオーレかよ!
あんなクソ甘ったるいのをよく飲むな?


とは思いながらも、元カノと神戸元町でココナッツオーレを飲んだのを思い出してた。
余りにも甘いんで、その元町で飲んで以来、味見でしか飲んたことはない。

嘘をついて別れてからだから、もう一年以上 連絡もとってない。
元気なんだろうか・・



  5人分のサイフォンを落としながら3人分のサイフォンを上げ、
  その間に手鍋に牛乳とココナッツパウダーを泡立て器で溶かしホイップとスライスアーモンドを準備。
  4杯分のコーヒーを温めたカップに注ぎ、余った分は自分の飲みかけのカップに入れ、
  3人分のサイフォンを落とし、カフェオレボウルを準備した後で、やっと一息ついて顔を上げた。


「ふぅ・・。えっちゃん、そろそろソフトドリンクくらい作ってくれへ・・・」

「!!!!」


カウンターの向こう側でソーサーの準備をするえっちゃんの隣に、
目を真っ赤にして今にも泣きそうな顔の元カノが座っていた。




「こんな甘いの飲んだら太るで?」


「バカ」







その晩、暖房器具が増えたのは言うまでもないw
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 4

azuma

そしてsweet memoriesを聞きながら毎晩若い二人はベッドを揺らせていた、

そう、1人目の妻だw
by azuma (2014-02-06 14:07) 

トッシー

■azumaさん
寒い部屋が暖かくなったのは当然ですがw
一人目の嫁さんではありませんww
by トッシー (2014-02-07 10:58) 

みぃ☆

エロい!!!ww
by みぃ☆ (2014-02-12 13:09) 

トッシー

■みぃちゃん
はい。サルみたいな20代でしたww

今ではナマケモノのような50代です(笑)
by トッシー (2014-02-12 16:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

完全アウェー残念な・・ ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by SSブログ QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。